トップイメージ
外国為替取引市場としての外国為替証拠金取引について分析していきます。外国為替証拠金取引(FX)というのは二つの国の金をやり取りしそれら通貨の差益をもらえるという手順となります。このような二つの国の金の中で出てくる差益の金額をスワップ金利をいうのです。このようなスワップ金利というのは、本来はスワップポイントといわれるようです。スワップ金利というのは、日ごとに得られますがしかしその為替の相場の動き次第で違うとのことです。スワップ金利を取得することを目的にFX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている方々も多数います。スワップ金利はFX業者ごとにも異なってくるのでほんのわずかでも差益の金額が高いFX業者でトレードしたいものですね。とは言っても、スワップ金利は為替のレートが変わることで一緒に変化するので注意しましょう。もう一つ為替取引を行う際にはチャートを読み取る力が必要となります。図表を読む事で、為替の相場の動向を読む事が出来ると言います。外国の為替ビギナーが見たとしたら、何を示しているチャートですか?などと疑問に思ってしまうのでしょうけど重点を覚えていればチャートを理解する事が出来るようになるらしいです。円が上がっているもしくは下がって来ている等一番円安になるとこの図表を読む事で判別が出来るようになり為替の取引をやるには役に立つものとなるらしいです。チャートは、日本では一般的にローソク足を使っていてその名の通りローソクの形のグラフで表示されています。ローソク足(陰陽足)では高値や安値また終値・始値等を表していて図においては多種多様な形状になっています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.