トップイメージ
予期せず、思いがけず出会うのが交通事故です。そこでどうやって処理したかが要因となり保険料の受け取り額も相当大きく変わる場面も想定されますので考えと行動力が大事です。想像も出来ない出来事に巻き込まれて冷静さを失ってしまったら重要な対応を逃してしまい後々自身が大きな損をする時も予測できるので車の事故に巻き込まれた場合には適切に次に記述した対応を行います。交通事故に遭遇した場面で最も初めにする必要があるのは怪我人の確認です。自動車事故直後は頭の中が真白になってぼうぜん自失となってしまう状況があり直ちに対応できないのが現実です。ですから、怪我をした人がいたとしたら危険ではない地点に運んでからできる限りの処置をして119番通報するなどを行い人命救助優先に努めることが大切です。救急車を呼ぶ時ははっきりと現場を告げて、不確かな状態では近くの分かり易い建物や町名を伝えてその地点が分かるようにします。次に110番に連絡して交通事故があった旨、そして様子を説明します。救急車とパトカーが来るのを待つ内に事故相手の身元を聞きます。姓名、免許証番号、車のナンバー相手側の自動車保険会社名等自分だけでなく相手のことを教えます。特に相手に違反が存在する状態では、その場で結論を出そうとすることが考えれますが解決するのではなく、どの場面にかかわらず警察や保険会社に通報して、ちゃんと調べてもらう事が欠かせません。関係者の内容を言ったら他の車の障害になるのを避けるために障害となる物を道路から除去します。もし障害になる物が他の車の邪魔になっている状況なら、相手と自分の情報の交換をする以前にその作業を行ってしまっても問題ありません。自分のお金を払っている保険屋さんに連絡を入れて車での事故を起こしてしまった事を報告します。事故から一定の期間内に自動車の保険会社に電話を入れておかないと、自動車の保険の適用除外となる事態も考えられるのですぐに電話をすることが必要不可欠です。形跡として、コンパクトカメラやスマホなどを使って事故やマイカーの破損箇所が分かる写真をを写します。この証拠写真は責任の割合決める際に大きな手がかりとなるので自分の愛車や相手の車の破損状態を全て写真に残しておくことが重要です。その場面で近くに人がいたら警官や保険屋さん駆けつけるまでその場所に待って頂くように呼びかけることも重要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.