トップイメージ
車を持つ人であれば知っているはずですが、自動車税が課税されます。そしてこれは手放す車の売却時に普通に還付されるものなのです。本当に実行したら直ぐに分かりますが、それでははじめから順を追って出来るだけわかりやすく案内します。一応補足するとすれば、日本販売されているクルマだけに限らず外車も自動車税が戻ってくることに決まっています。当然ですが愛車についてもそうですね。自動車税という税金は車を所有している人が支払わなければならないものですがこの金額は車の排気量の大小毎に規定されています。1リッター以下ならば29500円で、1リッターから1.5リッターまでだと34500円になります。これ以上は500cc刻みで5000円ずつが乗ってきます。それからこれは4月1日の時点のオーナーが年度内のお金を払うという決まりになっています。つまりは先払いになるので勿論ですが愛車を引き取ってもらって、所有権を手放したケースにはその分の自動車税は還ってくるというわけです。この税の場合は先払いで今年度の自動車税を納付しますのでその翌年3月までの間に愛車を手放した際は新たなオーナーが税金を負担するのです。買取先が買取専門業者なら、引き取り時に自分が先払いしている分のお金を返金してもらえます。要は所有権が移転された時以後の自動車税は、権利が移った保有者が納付義務を負います。もしあなたが10月の間に車を売った場合は、11月から翌年3月までの自動車税は返還されます。それは前述の通り自動車税というのは一年分を先払いしているという決まりから来ています。まとめると、前オーナーは売却先に払いすぎたお金を返してもらうということになります。個人的に愛車を手放す場合には何気にこのようなことに気づかない方が見受けられるので、しっかり忘れないようにしなければなりません。自動車税という税金はクルマを売った際に還ってくることを意外に知っている人が少ないからと言って、そのことを言わない悪質業者もいます。自分から返金について言わなければ、一切税金のことには説明しないということも結構見受けられます。ですから自動車の買い取りを依頼するさいには、自動車税が戻ってくるのかどうかを確認することを怠らないようにする必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.