トップイメージ

普通の初心者向けの外為取引の雑誌では、「差損が生じた時はナンピンをしてポジションの買い付けコストをコントロールする事が出来る」等助言されていたりする事もありますがそれにはかなりの隠れたリスクが隠れています。ムクラック

まず最初に、ナンピン買いの手法に関して手短に説明しておこう。ルフィーナ

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。10代のメンズ春服2017

$買いなのでドル高に動くほど利益が出るわけだが、1ドル=95円まで円高が進んだとします。イエウール

その場合持ち続けたとしたら損失が戻るためには、損失分円安ドル高が進まなければなりません。かに本舗 評判

皆さん、損失はなるべく早く0にしたいと思います。ガソリンETCカードの作り方・申し込み方

これを解決するためはじめに取引したのと同額分のドルを、1ドル95円で売買します。太ももダイエットバランスボール

そうしたら、ポジションの平均の価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。国際結婚中国

言い換えると、半分の幅で円安に向えば、赤字を回復できる。メビウス製薬 シミウス 肝斑 口こみ

これが、ナンピンの理屈です。

このような、ナンピン買いの仕組みを聞くと、「なるほど」という考えになるが、相場はそう簡単には思うようにはいきません。

1ドル=95円が下値だということなどなんびとも分かるはずがありません。

マーケットがドル安基調であるならば1ドル=95円ではとどまらず、より一層円高ドル安が加速する可能性があります。

97円50銭でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピンを入れたポジションも、赤字が生じます。

こういう状況では一番初めに買ったドルとあわせて差損を被ることになります。

このように、ナンピンはややこしいです。

であるなら、為替相場が自らの物語とは逆にみるみる向ってしまった場合、どういったやり方で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう時には取れる選択肢は限られています。

まずひとつめは覚悟を決めて損を確定する事です。

もうひとつの手段としては、その段階で、自分か持っている買いポジションを少なくする事によって再び為替がリカバリするのを黙って待つ事です。

ずいぶん主体性のない手段だと考える人もいると思います。

だけど、自分のポジションに損失が出た場合、一番正しい手法はこれ以上のものは期待できない。

当然、理屈の上では、ナンピンをしてみる手法も有効です。

だがナンピンは、損をしているにもかかわらずポジションを小さくするどころか、それとは反対にポジションを積み増していく手段です。

これでは、リスクを削減することなどどう考えてもできないと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけばいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、その前にお金はショートしてしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.