トップイメージ

処分をする車の買取査定の要点として重視される点として走行距離などがあげれられます。クレジットカードおすすめ

通常走行距離イコール愛車の寿命とされることもありますので、走行距離が長い分だけ、売却額査定にはマイナス面になるでしょう。

走行距離そのものは短いほうが車の見積額は高値になりますが本当のところそれほど詳しい線引きはないので、決まった線を引いて査定額が算出されます。

これは実際に中古車を中古車店に査定に出す時も重視される見積査定の注意点のひとつです。

例えば、普通車だと年間標準走行距離1万キロで線を引いて10000kmを超えていると大抵マイナス査定になるなどです。

軽自動車の場合、年間走行距離が8000kmがまた年式が古いのに走っている距離が相当短いとしても見積額が高くなるというわけでもありません。

本当に実行するとよく分かりますが自動車は定期的に乗ることによってもコンディションを維持することができるのであまりにも走行距離が短い車だと破損のリスクが大きいと判断される場合もあります。

これは中古車を手放す場合でも当てはまります。

年式・走行距離での見積査定の要点は、乗っていた期間にたいして適した走行距離になっているかというところです。

次に車の年式なども、自動車の査定の大切なポイントなのです。

しっかりと分かっているんだというような方も多数と考えていますが、一般的には年式については新しければ新しいほど査定には有利なのですが、例外としてそのシリーズに希少価値があるものは、昔の年式でも高値で見積してもらえる場合もあります。

同様車種で同じ年式の場合でも、ちょうどその年にモデルチェンジや仕様変更などが発表されている場合は、当然、そのモデルで見積額は変わってきます。

同車種の車の下取り額といっても程度により評価は大きく変化してきます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.