トップイメージ

特定調停という方法も任意整理による方法と変わりなくそれらの貸し手へ借金の支払いを行っていくことを選択した借金を整理する形なのです。

わかりやすくいうなら裁判所がやる任意整理といえます。

この特定調停という方法も任意整理と似ていて、破産宣告と異なりある部分のみの負債だけを処理していくことになりますので、保証人が付く負債額以外だけを処理したい場合や自動車ローンを別として手続きをしていく場合等でも使うこともできますし築き上げてきた財産を処分してしまうことは要求されていないため、株式や住宅などの財産を持っているものの放棄してしまいたくない場合でも活用可能な債務整理の方法となっています。

いっぽうで、今後の返済に必要な額と実際としての収入を検討し適切に返済が見通せるようである場合は特定調停の手続きで進めることは可能ですが、破産手続きとは違って返済義務自体がクリアになるということではありませんので負債の量がかなりある場合においては現実には手続きを実行するのは困難になるということがいえるでしょう。

いっぽう、この方法だと公的機関が中に入るため弁護士事務所などにお願いしなくても不利になる心配がないことや手続きの諸経費を節約できるという良いところがありますが貸方からのきびしい催促に自ら回答していく必要がある点に加え裁判所にことあるごとに行く必要があるといった要素もあります。

さらには、任意による整理と比較してみると和解が成立しない場合には利子を全部含めた状態で渡していかなければならないということや結果的にはそれら債務者に対して返していく総額が任意整理による方法の場合と比較して高くなる場合が多いという注意が必要な点もあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saveamericasupportourtroops.org All Rights Reserved.